3~5歳児にオススメ

もの凄い妄想をする猫の絵本「よくばりすぎたねこ」

こんにちは、そら☆です。

“二頭を追うものは一頭も得ず”ということわざがありますが、そんな教訓を教えてくれる一冊を紹介します☆彡

タイトル:「よくばりすぎたねこ」 

作・絵 さとうわきこ 発行 1980年

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ★ ☆ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ☆
メッセージ性 ★ ★ ★ ★ ☆
読みやすさ ★ ★ ★ ☆ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ☆ ☆ ☆

あらすじ

ある日のこと、猫がヒヨコを見つけました。

「しめしめ、ひよこがいるぞ!」

猫はエサを撒いてヒヨコをおびき寄せました。

 

そして、おびき寄せている間に猫は考えました・・・

“捕まえたら丸焼きにして食べよう!!”

 

しかし、猫はもっと考えました・・・

“ヒヨコを大きくしてから食べたらいいじゃないか!!そうしよう♪”

いや待てよ!猫はもっともっと考えました・・・

“たまごを産むまで待ってから食べれば、玉子焼きと一緒にたべられる!そうしよう!”

 

いや待てよ・・・

猫は次々と夢が膨らんでいきます。

そして、最後は、鳥いっぱいに増やしてから食べようと考えます!!

さてさて、猫の考えは、上手くいくのでしょうか??

感想

この絵本は、1羽のヒヨコを見つけた猫が、どんどん妄想を膨らませ、最終的には、鳥の大きな農園を作るところまで妄想します!!

1羽のヒヨコを見つけて、そこまで妄想が出来るのは、ある意味才能な気がして・・・

私は、それはそれで、猫を尊敬してしましました・・・(;^ω^)(笑)

 

猫は、この妄想を実行するため、ヒヨコを育てて、大人の鳥にまで成長させます!

ここまでは、猫の思い描いた通りの展開でしたが・・・

思わぬ理由で失敗してしまいます!!!

“二頭を追うもの一頭も得ず“という言葉があるとおり、欲張りすぎるとロクな事がないので、この世界です!

猫の失敗は、まさにそんな教訓を教えてくれています。

 

絵本は、こうした色々な教訓を、お話を通じて、子供達に教えてくれます!

 

そして、子供達は、絵本を通して学ぶことで、自分が体験したかのように受け入れることが出来るので、言葉で伝えるよりも何倍も効果があります。

 

是非、お子さんに伝えたいことがあったら、絵本を通して伝えてみて下さいね☆彡

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です