大人にオススメ

大人に読んでほしい感動する不朽の名作絵本「100万回いきたねこ」

こんにちは、そら☆です。

 

小学生の教科書でも紹介されている不朽の名作絵本を紹介します。

こどもはもちろん大人にも読んでほしい絵本です。

大人にも読んでほしい不朽の名作絵本

愛することの幸せを教えくれる1冊です☆彡

タイトル:「100万回いきたねこ」

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ☆ ☆ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ☆ ☆
メッセージ性 ★ ★ ★ ★ ★
読みやすさ ★ ★ ★ ☆ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ★ ★ ★

読み終わった時、やさしい涙がでるお話です・・・

あらすじ

100万年も死なない立派なトラ猫がいました。

100万回も死んで、100万回も生きたのです。

猫は、王様、船乗り、手品使い、どろぼう、おばあさん、女の子・・・

生き返るたびに飼い主に可愛がられました。

そして、猫が死んでしまった時に、その飼い主たちは、悲しみ泣きました。

 

しかし、猫は泣きませんでした。そして、生き返るたびになる飼い主の事を大嫌いでした。

 

そんなある時、猫は、誰の猫でもありませんでした。初めて自分の猫になったのです。

猫は、すごく立派なトラ猫だったので、どんなメス猫も猫のお嫁さんになりたがりました。

そして、色々な方法でアピールをしてくるのですが、

「おれは、100万回も死んだんだぜ!今更おっかしくて!」と言って、相手にしませんでした。

猫は誰よりも自分が好きだったのです。

 

しかし、1匹だけ猫に見向きもしない、白い美しい猫がいました。

「おれは、100万回も死んだんだぜ!」と言っても、

「そう。」と言ったきり・・・

次の日に「君は、まだ1回も生き終わっていないんだろ」と言っても

「そう。」と言ったきりでした。

 

ある日、猫は白い猫の前で、3回宙返りをしながら、

「おれ、サーカスの猫だったこともあるんだぜ」と言ったのですが、

「そう。」と言ったきりです。

次に「俺は、100万回も・・・・」と言いかけた猫は、

「そばにいてもいいかい。」と尋ねました。

白い猫は、「ええ。」といいました。

 

それから、猫と白い猫はずっと一緒にいました。かわいい子ねこもたくさん産みました。

猫は、自分よりも白い猫と子ねこの方が自分より好きになりました。

 

やがて、子ねこたちは大きくなってそれぞれどこかへ行ってしました。

そして、白い猫も少しおばさんになっていました・・・

猫は、白い猫と一緒にいつまでも生きていたいと思いました。

 

 

しかし、ある日、白い猫は、猫の隣で静かに動かなくなっていました・・・

猫は、初めて泣きました。夜になっても、朝になっても、また夜になっても、朝になっても、猫は100万回泣きました。そしてある日のお昼に泣き止みました。

猫は、白い猫の隣で静かに動かなくなりました・・・・

 

そして、猫は、決して生き返りませんでした。

感想

この絵本は本当に感動します。読み終わると心に苦しくなります・・・

 

猫は、100万年、何度生き返るたびに愛され続けてきましたが、一回も他人を愛したことがありませんでした。自分が一番好きだったからです。

 

しかし、白い猫と出会い、初めて、自分自身よりも好きな人が出来ました。

そして、その白い猫が死んでしまい、初めて泣きます。

きっと猫にとって、今まで何万回と送ってきた人生にはなかった、幸せな時間だったからだと思います。

愛されるのではなく、愛する事がどれだけ幸せなのか”!そういった事を教えてくれています。

 

そして、100万回も生き返っていたのに、愛する事を知った今回は、もう生き返る事がありませんでした。

有限の時間であるからこそ、“家族や愛する人を大切にしよう!” “悔いのないように生きよう!”そうゆうことを考えさせてくれます。

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です