1~2歳児にオススメ

「おおきなたまご」~不思議な木の絵本~

こんにちは、そら☆です。

たまごがなる木??そんな不思議な一冊を紹介します☆彡

タイトル:「おおきなたまご」
作 寺村輝夫 絵 和歌山静子
発行 2003年

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ★ ★ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ☆
メッセージ性 ★ ★ ★ ☆ ☆
読みやすさ ★ ★ ★ ★ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ☆ ☆ ☆
1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

「おおきなたまご」のあらすじ

なんでしょう??
たまごです!
たったひとつの小さなたまご!

皆を呼んで、卵焼きをごちそうしましょう!
でも、こんなちいさなたまごでは、皆が食べられません!

そこで、オンドリは、たまごを地面に埋めました。
早く芽をだせ、コケコッコー!!

すると・・・
芽がでて、どんどん、どんどん大きくなっていきます!!

そして・・・
綺麗な花が咲きました!
早く実がなれ!コケコッコー!!

今度は、小さなたまごの実がなりました!
そして、どんどん大きくなって・・・

大きな!大きな!
卵焼きを作って、皆で食べよ!!

みんな、お腹いっぱい卵焼きを食べました!
ああ!おいしかった!

「おおきなたまご」の感想

あらすじを見ていただてわかるとおり、この絵本は、なかなか斬新な発想の絵本です(>_<)

ひとつの小さなたまごでは、皆のお腹をいっぱいには出来ないと思ったおんどりは、何故かたまごを埋めるという作戦に出ます!!

いやいや、無理でしょ!!種じゃないんだから( ̄д ̄)っ

と思いましたが・・・

えええぇーー!芽が生えた!!Σ(・□・;)

大人が読むとそんなツッコミを入れたくなる作品です!

きっと、大きなたまごの実がなったのはおんどりの優しい気持ちのおかげですね♪

さて、この絵本は、不思議なお話ですが、シンプルなストーリーで最後はほっこりさせてくれる絵本になっているので、2歳頃に読み聞かせてあげるのにいい絵本だと思います!

是非一度見てみて下さいね☆彡

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です