マネー

こどもの教育費にはいくらかかるの?国公立と私立の学費を調査しました!

こどもが希望する進路に進ませてあげたい!
誰しもが思う親心です。

しかし、こどもの教育には色々とお金がかかるのも事実です。

子供の教育費はいくらかかるのだろう?
いくら貯めればいいんだろう?

これからママやパパになる方もすでに子育てをされている方も気になることだと思います。

この記事では、そうしたこどもの教育費の疑問について解説していきます。

この記事にはこんなことが書かれています。

  • 平均的な教育費
  • 国公立と私立の学費の差
  • 貯金額の目安

ざっと平均的な教育費がわかることで、計画的に教育資金を貯める目安とすることができます。

また、のちほど紹介しますが、本当に私立の学校はお金がかかります。
私立の学校を検討しているママやパパは、早い時期から計画的に貯金をしましょう。

\計画的に貯金をするならプロに相談/
まずは無料で相談をしてみる

こどもの教育費はいくらかかるの?

文部科学省が行っている学習費調査から算定すると以下の金額となります。

  • 全て国公立の場合 約787万円
  • 全て私立の場合  約2371万円

国公立と私立で3倍もの差があります。

教育費だけで2千万円以上かかる場合もあるのか・・・
流石に厳しいですよね?

ご安心下さい!
のちほど解説しますが、多くのご家庭の教育費は、1,200~1400万円程度です!

でも、どこでこれだけの差がつくのか?
1つ1つ順を追って解説していきたいと思います。

ここでいう教育費とは以下の三つの平均的な費用です。
1「学校教育費」・授業料や図書代など
2「学校給食費」・・・給食代
3「学校外活動費」・・・塾や習い事など

文部科学省の学習費調査の結果はこちら

こどもの教育費はいくら?幼稚園編

こどもの教育費はいくら?幼稚園編

まずは、幼稚園での教育費です。
幼稚園で1年間でかかる教育費は、以下のとおりです。

公 立 私 立
1年間の学習費総額 22万4千円 52万8千円
うち学校教育費 12万円 33万1千円
うち学校給食費 1万9千円 3万1千円
うち学校外活動費 8万4千円 16万6千円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)
私立では、公立の2.4倍もの教育費がかかります!

特に、幼稚園の保育料にあたる学校教育費は3倍もの差が!
そして、塾や習い事にも2倍ほどかけているのがわかります。

ちなみに1カ月に換算すると以下のとおりです。

  • 公立の場合 18,600円
  • 私立の場合 44,000円

なお、保育園は、保育料が収入によって大きくが違いますが、平均すると公立の幼稚園と同じくらいの教育費になります。

幼児教育・保育の無償化

令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化により幼稚園や保育園に預ける費用は、大幅に軽減されています。

基本的に公立の幼稚園では無料となりますが、私立の幼稚園では、月額25,700円までが無料となります。

こどもの教育費はいくら?小学校編

こどもの教育費はいくら?小学校編

小学校で1年間でかかる教育費は、以下のとおりです。

公 立 私 立
1年間の学習費総額 32万1千円 159万9千円
うち学校教育費 6万3千円 90万4千円
うち学校給食費 4万4千円 4万8千円
うち学校外活動費 21万4千円 64万7千円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)
小学校では、私立と公立でなんと5.0倍もの差があります!
金額にすると年間127万円
6年間で750万円以上の差が生じます!

特に公立小学校では、授業料が無料ですので、学校教育費の私立との差は15倍です!

ちなみに1カ月に換算すると以下のとおりです。

  • 公立の場合 26,700円
  • 私立の場合 133,200円

私立の場合、1カ月で13万円以上の教育費がかかります!

こどもの教育費はいくら?中学校編

こどもの教育費はいくら?中学校編

中学校で1年間でかかる教育費は、以下のとおりです。

公 立 私 立
1年間の学習費総額 48万8千円 140万6千円
うち学校教育費 13万9千円 107万1千円
うち学校給食費 4万3千円 4千円
うち学校外活動費 30万6千円 33万1千円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)
中学校では、私立と公立で2.9倍もの差があります!
金額にすると年間92万円
3年間で270万円以上の差が生じます!

公立中学校の場合には、授業料が無料であることがこの差の要因です。

ちなみに1カ月に換算すると以下のとおりです。

  • 公立の場合 40,600円
  • 私立の場合 117,100円

私立の場合、1カ月で11万円以上の教育費がかかります!

こどもの教育費はいくら?高校編

こどもの教育費はいくら?高校編

高校で1年間でかかる教育費は、以下のとおりです。

公 立 私 立
1年間の学習費総額 45万7千円 97万円
うち学校教育費 28万円 71万9千円
うち学校給食費
うち学校外活動費 17万7千円 25万1千円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)
高校では、私立と公立で2.1倍の差があります。

ちなみに1カ月に換算すると以下のとおりです。

  • 公立の場合 38,000円
  • 私立の場合 80,800円

私立の場合、1カ月で8万円以上の教育費がかかります!

こどもの教育費はいくら?大学編

こどもの教育費はいくら?大学編

大学で1年間でかかる学費は、以下のとおりです。

 国公立 私立文系 私立理系
1年間の平均学費  60万9千円 99万1千円 135万円
うち1年目の学費 81万8千円 116万5千円 154万1千円
うち2~4年の学費 53万6千円 93万3千円 128万6千円

出典:私立大学等の平成29年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

1年目の学費には入学金(25万~30万円程度)が含まれています。

私立理系に進学した場合では、国公立大学の2.2倍もの学費の差が生じます。
ちなみに1カ月に換算すると以下のとおりです。

  • 公立の場合 50,800円
  • 私立文系の場合 80,800円
  • 私立理系の場合 112,500円

私立の理系大学の場合、1カ月で11万円以上の学費がかかります!

地方から上京する場合はさらに費用が!

地方にお住まいの場合、大学進学のために、上京することも考えられます。

例えば、家賃と生活費合わせて10万円の仕送りをした場合には、年間120万円
4年間で480万円もの負担が加わります。

こどもの教育費はいくらかをまとめると!

こどもの教育費はいくらかをまとめると!

ここまで幼稚園から大学までにかかる教育費について順に解説してきました。
それを一覧にすると次のとおりです。

国公立 私 立 公私比率
幼稚園(3年間) 67万2千円 158万4千円 2.4倍
小学校(6年間) 192万6千円 959万4千円 5.0倍
中学校(3年間) 146万4千円 421万8千円 2.8倍
高 校(3年間) 137万1千円 291万円 2.1倍
大 学(4年間) 243万6千円 540万円 2.2倍
合 計 786万9千円 2370万6千円 3.0倍

どの学校でも、国公立と私立との教育費にかかる金額に2倍以上の差があります。
特に小学校では、5倍もの差に驚かれると思います。

そして全て公立に進学するか私立に進学するかで金額にすると1,500万円もの差が生じています。

やはり私立の学校はお金がかかることを感じますね。

ところでここまで読まれた方は、それではいくら貯めればいいの?
このような疑問がわくのではないでしょうか。

次の章では、教育費の貯金について解説します。

こどもの教育費の貯金はいくらすればいいの?

こどもの教育費の貯金はいくらすればいいの?

教育費の貯金については、子供がどの学校から私立に入学し、どれだけの費用が発生するのかで変わってきます。
それを次の表に表しています。

こどもの教育費の貯金はいくらすればいいの?

当然ですが、早い時期から私立に入学すればするほど教育費が高くなります。
お子さんを小学校から私立に進学させたい場合には、小学校入学を目指して、貯金をしていく必要があります。

しかし、実際には、小学校から私立に進学するのはかなり少数派です。
では、ほとんどのこどもが歩む進学ルートはどうなっているのでしょうか?

1番多い進学ルートは?

平均的な進学ルートは?

1番多い進学ルートを調べるためにこどもの国公立と私立の在学割合について見ていきましょう。

国公立 私 立
幼稚園 15.1% 84.9%
小学校 98.8% 1.2%
中学校 92.6% 7.4%
高 校 67.6% 32.4%
大 学 26.2% 73.8%

出典:学校基本調査(令和元年)

それぞれの学校で、在学割合が高い方に黄色で塗りました。

小学校や中学校では、9割以上のこどもが公立の学校に通っていることがわかります。

したがって、ほとんどのご家庭では、私立の割合が高まる高校からもしくは大学だけ私立である場合を考えて貯金をすれば良いということがわかります。

1番多い進学ルートの教育費は?

平均的な進学ルートの教育費は?

貯金額を考えるために、前節で示した1番多い進学ルートの教育費を表にまとめました。

総 額 1カ月当たりの金額
私立幼稚園(3年) 158万4千円 4万4千円
公立小学校(6年) 192万6千円 2万7千円
公立中学校(3年) 146万4千円 4万1千円
公立高校(3年) 137万1千円 3万8千円
私立大学(4年) 540万 11万3千円
合計 1174万5千円 @5万2千円

この進学ルートの場合、高校生までにかかる1カ月当たりの教育費は、4万円ほどです。

しかし、大学に進学すると1カ月に11万円以上の出費が必要となります。

したがって、この大学進学までにある程度の貯金が必要となります。

具体的なこどもの教育費の貯金額はいくら?

具体的なこどもの教育費の貯金額はいくら?

上記までのことを踏まえると、大学進学までに最低限300万円。出来れば500万円ほど貯めておきたいところです。

ちなみに500万円という金額は、こどもが生まれてから18歳まで毎月23,000円ずつ貯金するればよい金額です!

とはいえ、あくまで大学から私立の学校に行く場合を想定したものです。

高校生の3割は私立の高校に通っていることを考えると、高校入学までにある程度の貯金がある方が安心です。
(高校から私立の場合の教育費は、1320万円ほど)

さらにお子さんの希望の進路に進めてあげるために、これ以上の教育費がかかることも考えられます。

できる範囲でなるべく貯金をしておくことをおすすめします。

こどもの教育費を計画的に貯金しましょう!

いかかでしたか?
本記事の内容をまとめると以下のとおりです。

  • こどもの教育費は、787万円~2371万円かかる
  • 全て国公立か私立かで1500万円もの差が!
  • 1番多い進学ルートは、高校まで公立。大学だけ私立。
  • 1番多い進学ルートの教育費は1,200~1400万円程度
  • 大学入学までには500万円は貯めよう!

子育てには本当にお金がかかります。

将来、おこさんが進みたい進路に進ませてあげるためにも、計画的に教育資金を貯めていきましょう。

教育費の貯金はどれくらい必要?貯めやすい3つの方法を紹介!教育費っどれくらい貯金しなければいけないんだろう? まわりのみんなは教育費をどうやって貯金しているんだろう? 子育てをしているマ...
ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です