3~5歳児にオススメ

愛され続けている絵本「ぐりとぐらのえんそく」

こんにちは、そら☆です。

皆さん大好きぐりとぐらのお話を紹介します☆彡

タイトル:「ぐりとぐらのえんそく」

作・絵 なかがわりえこ やまわきゆりこ 発行 1979年

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ★ ★ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ★
メッセージ性 ★ ★ ☆ ☆ ☆
読みやすさ ★ ★ ★ ★ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ☆ ☆ ☆

あらすじ

ぐりとぐらが大きなリュックサックを背負って遠足です!

”いくらリュックが重くてもくたばらないぞ!!ぐりとぐら。遠足の楽しみはリュックの中のお弁当 ぐりぐらぐりぐら♪“

と歌いながら林を抜け、野原へ来ました。

ぐりとぐらは、草の上に荷物をおろすと、

うーーん いい気持ち♪ 伸びをして深呼吸!

そして待ちに待ったお弁当!!のはずが・・・

まだ10時!!

それじゃ体操しようか!とぐりとぐらは体操を始めます!

1、2、3、4!!

でも、まだお昼になりません!

今度はマラソン!と野原を走り回り始めました!

 

ところが・・・

突然ぐりが転び、ぐらも転びました。何か足に絡まったのです!

「蜘蛛の巣かと思ったら、草かと思ったら・・・毛糸だ!!

足に絡まった毛糸を取ると、その毛糸どこまでも続いています。

ぐりとぐらは、どこまでつづいているか、毛糸を巻いていきます!

そして、ボールくらい大きくなったら、今度はコロコロ転がします。

ゴロゴロ巻いて行くと森の向こうに家があります。

ぐりとぐらは、その家の中を抜けて、転がしていくと・・・やっと止まりました!!

さてさて、この毛糸はなんだったのでしょうか??

感想

ぐりとぐらと言えばパンケーキのお話が有名ですが、他にも色々なお話しが出ています!

この絵本は、その中の一冊です☆彡

ご存知!ぐりぐらコンビが今度は遠足に行き珍道ちゅー🐭なお話です!

お昼ご飯の時間を待っている間、マラソンをしてたら、毛糸に引っかかってしまい、その毛糸が何なのか好奇心旺盛なぐりとぐらがどんどん巻きながら進んで行きます!

 

読み聞かせてあげると、お子さんも、”何の毛糸だろ??“、“どこまで行くのかな?”とぐりとぐらと一緒にワクワクドキドキしてしまうと思いますよ(^O^)

読み聞かせをする時は、お子さんの好奇心を育むように、

何の毛糸か??」、「どこまで行くのかな?」と問いかけながら読み聞かせてあげて下さいね♪

 

そして、最後は美味しそうなお弁当が出てきます!

これは、ぐりとぐらのお約束的な展開です!

パンケーキのお話と同じくらい楽しい内容になっているので、是非お子さんに読み聞かせてあげて下さいね(≧◇≦)

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です