大人にオススメ

「きいてきいて」~大人に読んでほしい絵本~

こんにちは、そら☆です。

宝物の時間を教えてくれる一冊を紹介します☆彡

タイトル:「きいてきいて」
作 たかぎちず 発行 2012年

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ★ ☆ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ☆
メッセージ性 ★ ★ ★ ★ ☆
読みやすさ ★ ★ ★ ★ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ★ ★ ☆

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

「きいてきいて」のあらすじ

「おとうさーん」

今日もはるくんの声が夕暮れの保育園に響き渡ります!!

 

きいて!きいて!!今日僕、虫を捕まえたんだ!!」

 

きいて!きいて!!今日お庭に大きな鳥が飛んできたんだよ!!」

 

お父さんは、はるくんのお話をニコニコ聞いています。

 

お仕事の忙しいお父さんは、お家に帰っても大忙しです。

洗濯・・・晩御飯の支度・・・連絡帳・・・

時間がいくらあっても足りません!!

 

「なんで家には、お母さんがいないの??」

はるくんは、お父さんに聞いたことがあります。

その時、お父さんはちょっとだけ困った顔をしました。

 

 

「ねぇ一緒にごほんを読もうよ!ねぇ!ねぇ!!きいてぇ!!

でも忙しいお父さんはなかなか遊んでくれません・・・

 

「ねぇー!!お父さん聞いてよ!!」

「お父さん・・・後にしてもらいたいんだけどな」

 

もう しーらない!!はるくんは拗ねてしまいました・・・

 

もうお父さんには、何も話してあげない!!

はるくんは、毛布の中に隠れることにしました!

 

でも、いつものならすぐに謝ってくれるはずのお父さんは、なかなかやってきません・・・

このままお父さんがこなかったらどうしよう・・・

すこし恐くなりました。

その時、「おーーーい!!」

お父さんの声がしました!

「カレーライスが出来たぞ!!」

美味しそうな香りがぷーん!としました!!

 

「わーい!!おとうさん!!」

 

「ねぇすぐに仲直りできるって不思議だね!!」

 

「うまいもん食べて!一緒に笑ったら仲直りってことだ!!」

 

「ねぇ お父さん聞いて!あのね僕ね!!」

 

「きいてきいて」の感想

この絵本は、父子家庭のお父さんが、仕事に家事に育児に奮闘している様子を子供目線で描かれた作品です!

 

この絵本の主人公のはるくんのように、やっと自分の思っていることを、上手く言葉にして伝えられるようになってくると、ママやパパに今日保育園であった出来事を伝えたくてしょうがいない!!

そんな時期が、どのお子さんにもあります!

そうしたお子さんのお話をちゃんと聞いてあげたいけど、家事に仕事に忙しいママやパパは、いつでもちゃんと聞いてあげることってなかなか難しいと思います(>_<)

この絵本のあとがきで、作者のたかぎ先生は、

子供の「きいて!」はいつの時代も永遠に不滅。「きいてきいて」と言われているうちが花ということを肝に銘じて、時間がない大人たちも、もっと子どもたちの「きいて!」に耳を傾けるべきかもしれません。

と書かれています!

 

「きいてきいて」と言っている時期を過ぎてしまうと、色々な話をしてほしくてもなかなかしてくれなくなってしまいます!

こうした時期が“かけがえのない時期”だったと後々、後悔しないように、少しでもお話をきいてあげれるように時間を作る努力をした方が良いかも知れませんね♪

この絵本は、こうした事を気付かせてくれる絵本ですので、是非一度読んでみて下さいね☆彡

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です