3~5歳児にオススメ

親子で読んでほしい絵本「どんなに きみがすきだか あててごらん」

こんにちは、そら☆です。

皆さん親子のコミュニケーションは、しっかり取れていますか?

今日は、親子の愛を確かめる1冊です☆彡

タイトル:「どんなに きみがすきだか あててごらん」

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ☆ ☆ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ★
メッセージ性 ★ ★ ★ ★ ☆
読みやすさ ★ ★ ★ ☆ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ★ ★ ☆

「きみがどんなにすきか」を比べあう、心温まるおはなしです。

あらすじ

チビウサギがベッドへ眠りに行く途中、デカウサギにききます

「どんなに、きみがすきだか あててごらん」

デカウサギが「そんなこと、わからないよ」というと

チビウサギが「こんなにさ」と腕をおもいっきり伸ばしていいました。

するとデカウサギは、「でもぼくは、こーんなにだよ」と

もっと長い腕をおもいっきり伸ばしていいました

こうしてお互いがどんなに好きかをくらべあいます。

何度も比べあっているとチビうさぎは眠くなってきて、

最後に「ぼく、おつきさまにとどくぐらい きみがすき」といって目をとじます。

デカウサギはチビウサギを木の葉のベッドに寝かせると、おやすみなさいのキスをして、


「ぼくは、きみのこと、おつきさままでいって・・・かえってくるぐらい、すきだよ」

感想

この絵本は、「すき」ってことを表現する大切さを教えてくれます。

普段、親子で「すき」ってなかなか言うことないですよね。

こどもから「すき」っていわれると嬉しいですよね♪

こどももパパ・ママから「すき」っていわれるのがすごく嬉しいです♡

この本を読みながらチビウサギとデカウサギみたいに、

親子で「きみがどんなにすきか」比べあってみてはどうですか??

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です