小学生にオススメ

互いの違いを認めあう大切さを教えてくれる絵本「やもじろうとはりきち」

こんにちは、そら☆です。

 

誰でも、得意な事もあれば苦手な事もありますよね?

大人でもそうですが、お子さんも成長してくると、お友達の苦手な部分に目がいってしまって、時には、お友達と上手く行かなくなってしまうことがあると思います。

互いの違いを認めあう大切さを教えてくれる絵本

そんな時に読んでほしい、個性の違いを認め合う大切さを教えてくれる1冊です☆彡

タイトル:「やもじろうとはりきち」

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ★ ★ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ☆
メッセージ性 ★ ★ ★ ★ ★
読みやすさ ★ ★ ★ ☆ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ★ ★ ★

ヤモリとハリネズミという意外な組み合わせのお友達のお話です♪

あらすじ

ヤモリのやもじろうとハリネズミのはりきちは、赤ちゃんの時からの大の仲良し!

一緒に遊んでおやつも一緒。時々けんかもするけどすぐに仲直り。

だけどいつからかやもじろうは、はりきちと遊ぶのがつまらなくなってきた・・・

だって、はりきちは、かけっこはのろいし・・・木登りも出来ない。

ボール遊びをしても、背中の針でボールを潰しちゃう!

だからある日、とうとう、やもじろうははりきちに言った。

「あっちいけよ。俺、もう、お前とは遊ばないから。」

はりきちは、困った顔で笑ってた・・・

 

次の日、やもじろう、遊び行こうとすると、道の向こうではりきちが待っていた。

やもじろうは、別の道から行こうとすると・・・

 

ミャーオ!!猫がやもじろうを捕まえた!

「うまそうなヤモリだなぁ!にゃひ、にゃひ、にゃひひひ」

猫がぺろりと舌なめずりをした、その時・・・はりきち登場!!!

 

さてさて、二人はこの後、どうなってしまったのでしょうか??

そして二人の友情は元に戻るのでしょうか?

感想

この絵本の様に、成長するにつれ、昔はすごく仲が良かったのに、得意な事や苦手な事の違いで、遊ばなくなってしまうことはあると思います。

だんだん、得意な事や好きな事が似ている、気の合う友達と一緒にいるようになることは、自然だと思います。

 

しかし、この絵本では、やもじろうのピンチを、”のろま”だと思っていたはりきちが自分の特技を使って猫を追い払います!

得意な事や苦手な事が違うからこそ、それを補い合い、助け合うことが出来ることを、やもじろうとはりきちが教えてくれます。

そして、お互いの個性を認め合う事!こうした大切な事を教えてくれます。

 

こういった事を言葉でお子さんに伝えることは、難しいと思います。

伝えたとしても、お子さんの心には刻まれ難いものです。

そんな時に絵本は、大変効果的です。

読み聞かせをしてあげると、お子さんは、絵本の登場人物を自分に投影して、聞いてくれるからです。

是非、お子さんに大切な事を伝えてあげたい時には、絵本を利用してみて下さいね(>_<)

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です