3~5歳児にオススメ

勇気を出すことの大切さを教えてくれる絵本「ダメ!」

こんにちは、そら☆です。

皆さんのお子さんは、いい子で優しい子だからこそ、

友達から嫌な事をされても「いやだ!」って言えないじゃないかと心配になりますよね?

勇気を出すことの大切さを教えてくれる絵本

今日は、そんな時に勇気をだすことの大切さを教えてくれる絵本を紹介します☆彡

タイトル:「ダメ!」

項  目 評   価
ワクワクドキドキ ★ ★ ★ ☆ ☆
ほっこり ★ ★ ★ ★ ☆
メッセージ性 ★ ★ ★ ★ ★
読みやすさ ★ ★ ★ ☆ ☆
大人にもオススメ ★ ★ ★ ★ ★

りすくんが関西弁をしゃべる絵本です。笑

あらすじ

ある日のおやつの時間。

りすくんが、大好きなプリンを、ゆっくり食べようと思っていたところ、横で、くまくんはあっという間に自分のプリンを食べてしまい、

「りすくん、おそいなあ。ぼくがてつだってやるよ!」

といって、りすくんのプリンを食べてしまいました。

 

くまくんは体が大きく、声もでかい。

だから、くま君に「おもちゃかして!」「ブランコかわって!!」と言われると、リス君は「うん、いいよ・・・・」と何でも譲ってしまいます。

その日の夜、布団の中でリス君は今日の出来事について考え、涙を流します。

“プリンを食べられたこともくやしかったけど、「ダメ!」と言えなかった自分がそれ以上に悔しかった・・・

明日、プリンを食べられて嫌だっとことをくま君に言おう!!

突き飛ばされるかもしれないけど、このまま言わんかった、ずっとこのままや!“

と決心をして、次の日を迎えるのですが・・・・

感 想

この絵本では、勇気を出して、自分の意見をきちんと伝えることの大切さを教えてくれます。

自分より強い人に自分の意見を伝えることはとても勇気のいることです。

皆さんのお子さんも、友達から嫌な事をされても「いやだ!」って言えないで悔しい思いをしているかもしれません。

でも「嫌な事は嫌って言っていいんだよ。」と言ってあげても、お子さんの心にはなかなか届きにくいものです。

 

そんな時は、この絵本を読んであげて下さい。

絵本は、親の気持ちを代弁してくれて、不思議とお子さんの心に届きます!

ABOUT ME
そら☆
現役保育士をしているそら☆です♪ 保育士の経験から大好きな絵本をもっと広めていきたいと思い、 ブログをはじめました! 子育てについても書いていますのでみてくださいね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です